Skip to content

プラズマ洗浄装置の動作原理と注意点

プラズマ洗浄装置は一瞬で様々な物の表面のチリやホコリを除去することができるため、様々な用途で利用されています。基本的には雷と同じプラズマ現象を利用し、瞬間的に帯電させることによって様々なものを除去する仕組みとなっており、効率的な洗浄を行うことができるのがポイントです。しかし、その用途によって特性が変わるため、この点には注意をしなければなりません。よく利用されている基板洗浄の場合には表面のチリやホコリを取り除くだけでなく、基板の表面を適度に破壊し、その表面積を増やすと言う作業も行われているためです。

基板洗浄は表面の洗浄だけではなく、表面積を増やし部品の接着力を高めるために行われるものとなっているからです。このような動作の違いは、プラズマ洗浄装置の違いではなく出力電圧の違いによって発生するものとなっており、電圧を高めることによって様々なものを破壊する機能を強くすることができます。雷は様々なものを破壊するものとなっていますが、これは空気中を通過するために高い電圧を持っているためで、このような使い方をすると洗浄だけではなく対象を破壊してしまうことになるため注意をしなければなりません。プラズマ洗浄装置の動作原理を知ることで様々な使い方をすることができますが、逆にこの点を十分に意識しないと本来の目的ではなく様々な弊害を被ってしまうことになります。

プラズマ洗浄装置を利用する際にはこの点20分に注意をするとともに、適切な設定での使用を心がけることが重要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です